QT延長症候群。ICD(植え込み型除細動器)との生活。

LQTSの難病女子。自分にしか生きられない人生を。

ICD植込みを医師から勧められた日(入院当時の記録)

発病から1年経ちましたので、そろそろ当時の事をまとめておこうと思います。

でないと忘れそう・・・。

 

意識が戻り、ICUで身内と面会。

夫、実家から駆けつけてくれた妹、仕事を終えて来てくれた伯母。

母、息子(実家で母が預かってくれていました)、義父。

実父は仕事で遠方にいたため、遅れて週末に再会。

 

実父、愛娘が倒れたのに帰って来てくれなかったぜ…。

本人いわく、電話で一命をとりとめたと聞いて、大丈夫だろうと思ったらしい。

まあいいんです、生きてまた会えたんですから。

 

目が覚めて当日か、翌日に挿管が抜かれて話ができるようになりました。

(若干記憶がぼんやりしていますが)

そのあたりで覚えているのが、2つ。

 

内科の先生が様子を見に来て、

「あ、しゃべってる」と呟いたこと(笑)

記録上は20分も心臓が止まっていたらしいです。

なので、脳がどんな状態になっているかわからなかったそうで。

実際、入院中に高次脳機能障害の検査をたくさんやりました。

そんな状態だったので先生が驚いても無理はないのかも。

それほど深刻とは、当時の私は知る由もなかったのですが。

 

 

それから、相当に頭がぼーっとしていた記憶があるので、たぶん意識が戻ってすぐ。

主治医の先生がやってきて、病状を色々説明されて、

「手術をしないことには、ちょっと退院させられない」

と言われたこと。

(私まだそういう難しい話聞ける状態じゃないです先生…)

と思いながら、適当に「はい、はい」と答えた気がします。

 

たしか、今胸に入れているICDの本体を見せてくれたような。

後から記憶を整理して理解できたけれど、当時は、

「わお、手術っすかー。なんか大変なことになってるわ」

くらいの感想しか抱けなかった。

 

人生初のICU、人生初の挿管。

倒れたらしいが記憶になく、体中に色々繋がれていて動けない。

 

そんな状態でしたので。

 

回復するにつれて、少しずつ状況を理解していきました。

改めて説明を聞いたり、毎日の診察で少しずつ。

 

何本管がつながっていて、それは何のためか?

脚に巻かれているのは何か?(血栓を防ぐために空気圧をかける装置でした)

横に置かれているモニタは何を意味しているのか?

 

それを少しずつ理解する…前にいきなり「手術!」とか言われて(笑)

ぼーっとしていたとはいえ、

うろたえず、泣きもせず聞いていた自分をちょっと褒めてもいいかな?

 

もちろんそんな状態のときに手術に同意はできませんので、後日改めて。

説明・同意・サイン・準備・手術と続きます。