QT延長症候群。ICD(植え込み型除細動器)との生活。

LQTSの難病女子。自分にしか生きられない人生を。

QT延長症候群
ICD(植込型除細動器)との生活

LQTSの難病女子。自分にしか生きられない人生を。

日本と海外での微妙な違い

「ペースメーカー入れてます」と言った時の、日本と海外の反応の違いについて。

 

空港でのこと

ICDペースメーカー利用を申告した時の、検査官の方が見せたリアクションに微妙な違いを感じました。

 

日本でも米国でも、最初のリアクションは「あっ!」とか「Oh.」という反応でしたが、微妙なニュアンスの差が。

 

日本の「あっ!」には、その瞬間から私を「障害者」と認識した響きがありました。

 

※なお、私は「障害者」という呼称にネガティブなイメージは持っていません。障害者=「障害を持つ者」ではなく「社会に障害(障壁)を作られている者」と解釈しています。障害があるのは人ではなく社会、というスタンスです。

 

 

悪い意味、差別的な目線になったということではなく「配慮が必要なお客様」と気遣う意識に変わったという感じです。ただ、気遣うと同時に一瞬で私の周りに境界線が引かれたような気がしました。差別ではないが区別というか。

 

一方、米国での「Oh.」には、「その年齢で?大変だね!」と少し驚いているようなニュアンスは感じましたが、前後で何か対応や見る目が変わったような印象は受けませんでした。

 

米国は日本よりもペースメーカーを入れている人が多いそうです(人口も多いですが)。だからかもしれませんが、より自然に受け止められているというか、「気にされていない」感がありました。

「差別」に敏感な文化背景を持つから、というのもあるかもしれません。

 

結果的には両国でほぼ同じ言葉をかけられ、同じ対応を受けたのですが、日本の方が「距離を置かれた」感がありました。

 

円の「中」と「外」

日本は、普段の生活でも「健常者」「障害者」を区別して考える空気を感じています。

 

実際は、健常者と障害者の間にはっきりとした線引きなんてできないのに。両者の間はもっとグレーで、なんなら「健常者」なんて存在しないかもしれない。

 

制度設計や行政サービスを決めるときには、なんらかの線引きは必要になると思います。でも、世間まで同じような考え方をする必要はないですよね。もっと「グレー」であること、線引きして解決することはできないという認識が一般に広がって、区別するのではなく同じ円の中で違いを受けとめていけると良いのになと思いました。

 

日々なんとなく生きづらさを感じたり、病気や障害を持つ人が気持ちよく生活できていないのでは…と思うことがある中で、異なる文化に触れたことで見えた、少しの気づきです。

ICDペースメーカー使用者の空港保安検査

たまには、人の参考になる話題も書かねば…ということで。

 

ICDユーザーが飛行機の利用を考える時に気になることといえば、「空港の保安検査(手荷物検査)」ですよね。

f:id:sherwoodgreen-robin:20180629131352j:image

ペースメーカーを使用している人が旅をするのは当たり前のことだし、何か不安に思っているわけではありませんでしたが、実際「誰に・どうやって」申告して検査を受ければ良いだろうか?ということは気になっていましたので、今回の旅行で体験したことを紹介します。

 

出国時(日本・成田)

どこで申告すればいいの?

…というのがまず最初の疑問。空港のwebサイトを見ると「検査員に申告してください」と書いてあります。

保安検査 | 成田国際空港

ですが、そもそも検査員ってどこにいる人なのー?

保安検査場の近くにいる人だってことくらいはわかるけど、一連の流れの誰に言えばいいのか…。

 

答えは、「検査ゲートの直前にいる人」でした。

 

トレイに入れた手荷物を通すところにいる人(四角い箱に荷物を通す人)ですね。

 

手荷物をトレイに入れて預ける時に、「ペースメーカー入れてます!」と伝えたら、「ではこちらから進んでください」とゲートの脇を通った先で待つように言われました。

 

同時に、女性の検査官の方に声がかかります(体に触れるので同性が検査してくれます)。

 

2つあるゲートの間には、高さ10cm ほどのお立ち台。普通にゲートを通るなら、気づかなそうです。それに乗って待つよう言われたのですが、乗る前に検査官の方が来てくれて、台には乗らずに検査されました。

 

検査方法

特に器具は無く、手で触って終わりでした。

べたべたと全身探られることもなく、不快でない程度にささっと触っていき、数秒で終了です。

 

これは検査官の人のやり方やその時の服装によって個人差があるかもしれません。

 

場所は、特に囲いなどもなく(強いて言えば低いお立ち台がある)、誰からも見えるところで公開検査でした。

 

保安検査場って荷物預けたりゲート通ったり忙しいので、ゲートの脇をスルーして触られてる人がいたとしても、見ている人はそんなに多くはないでしょう。

 

検査が終わったらあとは他の方々と同じように荷物を受け取って終わりです。

 

証明書は必要?

念のため、ICD手帳を見せられるように準備していきましたが、特に確認されませんでした。

 

ただ、確認されることもあると思うので、一応手荷物から取り出しておくと良いと思います。

 

それから、言語の壁がある時にもICD手帳が役に立ちます(後述)。

 

帰国時(ハワイ・ホノルル)

どこで申告すればいいの?

日本と同じく、荷物を預ける時の検査官に申告しました。

そうしたら、「Oh, OK.」と言ってどうすれば良いか教えてくれました。

 

「ペースメーカー入れてます」を英語で言うと?

  • Excuse me, I am using a pacemaker.
  • Excuse me, I am a pacemaker user.

こんなもんで通じます。なんなら、「pacemaker」という1語が伝われば大丈夫です(多分。でも、コミュニケーションの礼儀として上の一文くらいは暗記しても損はないと思いますよ)。

 

もしくは、ICD手帳に各国言語で「海外旅行等の際の注意書き」が書いてあります。

 

私が使っているメドトロニック社のICD手帳の場合は、表紙をめくった次のページにあります。

f:id:sherwoodgreen-robin:20180628150008j:image

 

自分で伝えるのが難しければ、このページを開いて見せてしまいましょう。

 

検査方法

その時並んでいたレーンには、ペースメーカーOKのゲートがあったので、「こっちのはペースメーカーでも通れるから進んで」と言われ、ゲートの検査官に「ペースメーカーの人だよ!」と伝えてくれました。

 

その後は他の人と同じように検査をしてスムーズに通過しました。

 

 

まとめ

空港の職員さんは日々大勢の利用客に対応しているでしょうし、難しい説明をせずとも一言声をかければ、必要な対応をしてくれそうです。

 

ただ、空港によって検査の仕方は違うようです。人から見えないスペースが用意されているところもあれば、皆の前で検査されるところ…。ホノルルにあったICDペースメーカーOKのゲート、あれはいいですね。皆と同じように検査できるので。

 

「間違って通っちゃいけないゲートを通ってしまうわけにはいかない」と、最初は緊張するかもしれませんが、心配なら全ての通過点で係の人に聞いても良いのですから、あまりナーバスにならずに、旅行好きなICDペースメーカーユーザーさんは気軽に飛行機の旅を楽しんでほしいなと思います。もちろん、旅先での体調管理など他に気をつけることもあるんですけどね。

 

もしこれから旅行を考えていてこのページにたどり着いた方がいるなら、どうぞよい旅を!

 

 

 

 

子連れ・ICDペースメーカー使用者1週間ハワイ旅

f:id:sherwoodgreen-robin:20180628141714j:image

ICD植込みをしてから初めての海外旅行から帰って来ました。

 

いやぁ〜、やっぱりいいですね、Hawaii!

 

仕事が変わるタイミングで時間の都合がつきやすかったので、海外旅行したい!貯金するより時間を作る方が難しいんだから!とパワープレゼンし、一足早い夏休みと相成りました。

 

支払い明細が怖い。

 

(でも、ハワイは6月が一番安いんですよー)

 

そんな庶民の卑しい心模様を吹き飛ばしてくれるような、この空と海!

 

f:id:sherwoodgreen-robin:20180628141733j:image

 

雨季が終わって晴れの日が多くなる、とても良い季節にも関わらず、大型連休後の閑散期なので、お天気は抜群だしほどよい混雑具合だし、とてもいい時に行けたなぁと思います。

 

いい気分なので、トリップアドバイザーに高評価のレビューを書きまくっています。

 

夫がハワイ初めてだったのと、幼児連れなのでできるだけのんびりと、定番をめぐる旅を計画しました。

 

3歳男児、ホームシックにもならず(行きの飛行機で目覚めた時に1回だけ、「お家帰りたい…」と呟いてました)、毎日プールに入って大喜び。

 

地元の人も他のツーリストも皆子どもに優しくて、最初は戸惑っていた我が子もいつしか「アロハ〜!」と返せるようになっていました。

 

私の体調も特に問題なく(いつもと環境が違うので薬の飲み忘れが多かったですが)、空港の手荷物検査もスムーズに通過できました。

 

結論、幼児連れ海外旅行、ICDペースメーカーユーザーの海外旅行、全然いけます。

 

これから少しずつ記録を公開していこうと思いますが、まずは行ってよかった!という素直な気持ちだけ書き留めておきます。

 

関連記事

qticd.hatenablog.com